理事代表挨拶

 

 このたび、臨床・福祉現場で栄養・食事管理を行う上での実践的技術を習得するための教育を目的に本協会を設立致しました。ひと昔前と異なり、栄養に関するセミナーも多数開催され、管理栄養士の知識は確実に増えていると思います。しかし、知識があっても、対象者が抱える問題を栄養面から的確に整理し、特定できるとは言い切れないのが現状です。臨床栄養の基礎を実践につなげるためには、講義と実際の症例演習を繰り返し行うことにより、確実に成果が上がります。継続は力なりです。

 当然、治療するための献立作成の技術、マネジメント、文章の書き方、統計学、栄養教育の際の面談技術なども必要です。団塊の世代である私は、永年医療現場で苦労した分、多少の力がつきました。協会を立ち上げようと考えたのは、今「デキル」後輩を育てないと、思う焦りからかも知れません。

 

協会の運営には、運営費が要りますので、会員制度にさせていただきました。団塊の世代もあと少し活躍できると思います。是非、一緒に「デキル」を目指しませんか。

                            足立 香代子

足立香代子(Kayoko Adachi)


 経歴: 

 

  1968年中京短期大学家政科食物栄養専攻卒業後、医療法人病院を経て、1985年か

 らせんぽ東京高輪病院に勤務し、現在に至る。

  医療現場で過剰栄養に対する栄養指導や入院患者への栄養管理を実践し続ける一

 方、栄養からみた検査値の読み方・評価、対面指導技術をはじめ、食事に経腸栄養、静 

 脈栄養を含めたトータルコーディネートができる人材育成にあたっている。

  

 受賞歴:

 

    2001年10月日本栄養改善学会賞受賞

    2003年厚生労働大臣賞受賞

    2008年 6月日本栄養士会功労賞受賞

    2008年 9月日本臨床栄養学会教育賞受賞 他、多数 

 

 学会:

   

      (理 事)日本臨床栄養学会、日本肥満治療学会

         NPO法人PEGドクターズネットワーク

         NPO法人創傷治癒センター

   

    (評議員)日本臨床栄養協会、日本栄養改善学会など多数在籍

 

     (名誉会員) 日本静脈経腸栄養学会

 活動内容